【2020年3月9日】本日のネタ、経済、企業、IT、システム No.45

Pocket

こんばんは、i-consulting officeの田中です。
本日の株価は絶賛爆下げでしたね。私も自分の持っている株のウリ時を見事に逃しました。
このブログは「経営のお役に立てれば」という想いでおこなっているので、あくまで株のブログでは
ありません。それでは本日もはじめます。

経済:アルコール離れの記事でこれからの商売を考える。

昨日、多少お酒を過ごしてしまい二日酔いのなか、この記事を発見したので掲載。
今時の若者は20年前に比べてお酒を飲まなくなったし、あえて飲まないようにしている人が
いるという話です。でも、40代~50代のおっさんは毎日飲む人が割合としては多いらしい。

しかし、若い人が飲み会などの交流が嫌いかというとそうでもなく、
飲み会や社内イベントも6割が参加していて、飲み二ケーションが嫌いで
コミュニケーションは大丈夫という若者世代。
最近だとノンアルコールだけを出すお店もでてきているということで、
もはや、酒に強い俺!みたいな人々は流行らないのでしょうか?
こんなだと居酒屋業界はこれから厳しくなるなーという感想です。

これからの居酒屋はおいしい料理は当たり前で少しおいしいお酒を適度に
飲ませてくれるようなところが流行るんでしょうね。

企業:業種転換の成功事例

2つ目は業種転換に成功した企業の話。
製糸業から電子・電気部品製造組み立てからの航空機内装品製造・組み立てと
2回も業種転換した山形県の会社のお話。
常に自社に対して危機感を持ち、中核事業を大幅に変更することを恐れない
このチャレンジ精神は凄いなと。

IT:勤怠管理システム KING OF TIME

さて、最後ですが今後は勝手な推測も含めていろんなシステムを紹介するコーナーに
しようかなと考えてます。
最初は勤怠管理システムをシリーズでお伝えできたらと思います。
あくまで推測も含まれてますので詳細はベンダーに問い合わせてくださいね。
それでは最初はKING OF TIMEという勤怠管理システムです。
詳細昨日はリンクを見てもらえばご理解いただけるのですが、
私が気になったのは、”同日複数勤務”対応と”一人”からでも使えると
表記してあることでした。
まず、”同日複数勤務”とは24時間営業のお仕事などにあるかもしれませんが、
午前中、6時から9時までの勤務と午後20時から22時まで2回出勤します!
みたいなシフトが存在することです。小売業とか外食業にはあり得るシフトだと
思いますが、この機能がないことで私自身も提案に苦労したことがあります。
出退勤打刻を1日に2回できるんですね。私が別のソフトを提案しているときは
9時から20時までを”中抜け”もしくは”休憩”とかにしてもらうような運用を
提案してましたが、もうそんな時代ではないんですね・・・。知らんかった。

あともう一つの”一人”からでも使えるという最低利用人数という考え方がないのは
凄いですね。別のソフトだと最低利用金額〇千円からとかあるのが一般的だと
思いますが、これなら小規模企業と呼ばれる企業さんでも使いやすいのではないかと。
いずれにしろ、どこまで本当に使えるのかはよく見極めてからご利用ください。
※このシステム紹介のコーナーはホームページとITトレンドとかを見て
 私の独断と偏見で書いてますのでご注意ください。

というわけで今日はアルコール離れの話と、業種転換した企業の話、それから、
勤怠システムのお話をさせていただきました。
本日のブログは以上です。お読みいただきましてありがとうございます。

0