企画をすると損をする?!No.61

Pocket

 かなり、ご無沙汰しているブログです。すいません。
 今日は、最近少々我慢ならなかったことがあったので、少し毒舌気味でブログを書いています。

1.きっかけは?

 最近、ちょっとだけイラっとすることがあったので、ブログに書き連ねます。
 先日、私はとある会合であまりにネタがないため、何かネタとなるテーマを提供できればと思い、様々な伝手を持っている友人に頼み込み
 とある会社の社長にその会合でお話をしていただけるかも?という話をいただくことができました。

2.その会合の対応

 非常にありがたいお話だと思い、早速その会合の事務局に連絡し
 私「こんな会社の社長にお話をしていただけるかもしれません」と喜びいさんで報告したところ
 事務局からは
 事務局「何をやっている会社かわからん、どんな会社かよく聞いてから提案してくれ」と
 いやいや、候補を上げたときにURL送ったやんと言うと、見てないと。
 私「それでは話の内容次第で断るということもありますか」と聞くとそうだとおっしゃる。
 このやり取りは皆さん、どう思いますか?
 事前確認していない私が悪いのかもしれませんが他に言い方あるやろと思います。
 そもそも、この会合では毎月開催する際に次のネタは何にするか困っているにもかかわらず、
 ネタを提供してきた人間に感謝の言葉もなく、上記のような言い草、
 これで次回以降、新たなネタを提供してこの会合を盛り上げようという意欲は沸くものなのでしょうか?
 少なくとも私は協力する気は完全になくしてます(笑)
 

3.こういう風に私はならないように気を付けようと思う今日この頃。

 何か、アイディアや企画をした人に対していろいろ言う人の特徴は、まず否定か難癖付けることはもちろん、
 絶対に自分のアイディアは出してこない。さらに言えば意見を言うだけで自分が動くことはないっていう。


 今回の件は自分への戒めとして、私は以下のような対応をしていきたい。
 「素敵なアイディア(企画)ですね。ありがとうございます。」からの意見があれば、
 「この部分とこの部分が少し不安なので、念のため確認はとってもらえますか?」ぐらいの
 言い方をすれば、提案者の顔も立つし、「たしかに、それは確認してなかった!」と思ってもらえるのではと思います。
 今回は、友人まで動かした上での企画だっただけに、顔に泥を塗られたという感じの話でした。

 言い方とか言葉の使い方って大事ですね!ほんと自分も気を付けないと!
 皆さんも会社の部下や同僚、はたまた上司だとしても、企画やアイディアを出す人をまず讃えましょ!
 そうしないと誰も何も言わなくなり、組織は停滞すると思いますよ。


 というわけで本日のブログは以上です。お読みいただきありがとうございます。

0