【2019年12月7日】商店街の未来をカタリアウヒトツキ第3回 No.26

Pocket

こんにちは、i-consulting officeの田中です。
12月に入り1回目のブログです。
12月からようやく、時給レベルですが少し仕事をいただけることになり、
光明が差してきたという感じです。
ご紹介してくださった方には本当に感謝です。

さて、以前より当ブログにも表現しておりました商店街をカタリアウヒトツキという
イベントですが、いよいよ明日が最後というところまで来ました。

その前に12月1日に行われたイベントの内容を書いていなかったので
今更ながら、思い出す意味でも書いていこうと思います。

第3回のテーマは
カンガエヌク

前回のおさらい

新陳代謝や挑戦する人を応援するとかのキーワードの括りで
●人材・組織
専門性とかテーマを持たせるとかのキーワードの括りで
●集客・戦略
泊まれる商店街とかマンション化、私のヤメサセルの括りで
●魅力ある空間
個々の商店が売る力をアップさせるというキーワードの括りで
●稼ぐ・ビジネス

第2回の最後に上記4つのテーマに集約されていきました。
その中で私が選んだ括りは”●魅力ある空間!”というテーマです。

そして、この魅力ある空間を軸にカンガエヌク内容は
10年後の私の考える商店街
というなんとも抽象的なテーマ・・・

話は変わりますが、こういうセミナーで上記のようなテーマを出された場合、
自分が行きたい商店街なのか?
自分が商店街の店主として考えるのか?
商店街の理事の立場なのか?
それとも、商店街を支援するコンサルなのか?などなど
自分の立場を示してほしいと思うことないですか?
主催者側は自由に考えてほしいからあえて抽象的に提示しているにも関わらず、
つい、「俺の立場は何なの?」という人は自分も含めて結構いたように感じました。
みんな、主催者に細かい設定を求めている気がしているのは私だけでしょうか?
何も言ってこないんだから、自由に考えよう!と思ったりしないのは、
日本人の特性か?とか思ったり。
すいません、全然関係ない話を書いてしまいました。

そんなこんなで関係のない話を交えつつ、今回は商店街の10年後、
正確には2030年の商店街を想像しつつ、考え抜いてくださいという話。

カンガエヌク

今回に関して今までと違うことは、テーマに沿ったグループを作り、
とことん、話し合いをする。席は移動しないということでした。
その中で意見をまとめてくださいと。

細かく言うならば、いきなり10年後ではなく、
10年後の未来にこうなってほしいという商店街を作るには、
2022年はこれをやって、2025年にはこれをやって、・・・と
きちんと2030年までに時系列に進めていきなさいという話。

それで、みんなの意見をすり合わせてゴールに導いていく。
正直、私の一番苦手なやり方。
みんなそれぞれの思いがあるのに、それを一つにまとめていく・・・。
案の定、自分が思っていたことと全然違うことになっていく・・・。
自分は商店街はなくしてもいいと言ってたのに、
結局、商店街にどうやって人を集めるか?集めるためにはどうするか?
そんな話になっていき、自分の意見が消えていく感じ。
そこに強く反論しない迎合する私がいる・・・。

そうして、約90分ほどカンガエヌイタ結果。

カンガエヌイタ・・・のか?

10年後
・近隣商店街が地域のサードプレイス的な場所
・地域コミュニティを促進する場
・お金を生む場
・天神・博多までいかないと買えないものが帰る場所などなど

うーん、正直今まで誰もがずっと言ってきたことが再び出てきたなという感じ。
同じグループにいた人はどう思ってるんだろうか?
そのあとの他のグループの発表を聞いても、既存の枠から飛び出しているような
話はなかったような記憶・・・。
正直、言います!今回はおもんなかったというのが感想でした。
(そのあとの診断士仲間との飲み会のほうがよっぽど実りがあるという。)

途中で福岡大学の先生が
10年前がどうだったか考えなさいとipadとかGAFAが登場してきて、
現在に至るこの状況で世の中はどう変わったか?
そしたら、今後の10年は今考えているレベルの内容でいいんですか?
みたいなことをおっしゃってました。

そこから、みんないろいろAIとか自動運転がどうたらとか考えだしたけど、
個人的にはその発想をコンサルタントとて食っていこうとしている
自分が出せなかったのが非常に残念でした。
(ザブングルの画像入れたいぐらい)
正直に言ってこの先生の話が私にとっては第3回のハイライトでした。

明日はいよいよ第4回、テーマはタチアガルです。

どう立ち上がるのか皆目見当もつきません。
そもそも、商店街に実際に関わっている人が少ないこの集まり、
商店街の人々は我々のような人に立ち上がってほしいのか?
という疑問を胸に抱きつつ明日も張り切って行ってみよー!と思います。
以上で12月最初のブログを終了します。ありがとうございます。

0